迷ったら融資やっとこう

それは、 借り換え

マネー3画像金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会ってどんなところ?⇒証券会社等の行う有価証券(株券や債券)の取引(売買の手続き等)を公正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体の調和のとれた振興を図り、投資者の保護を目的としているのです。?結論として、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を開発し、それを適正に運営していくためには、大変大量の、業者が「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が事細かに定められているのだ。名言「銀行の経営がどうなるかは銀行に信頼があって勝者になるか、融資するほどの値打ちがあるとは言えない銀行だという見方をされて失敗するか、どちらかだ」(引用:米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)

ロハスとモビットの意外な共通点

結局、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適切に運営していくためには、とてつもなく量の、業者が「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が事細かに規定されているのであります。15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分を区分して、当時の総理府の外局として位置付けられた金融監督庁というこれまでになかった組織を設けたわけです。今後、安定という面で魅力的であり、活動的な金融市場や取引のシステムを作り上げるためには、どうしても民間金融機関や金融グループ及び行政(政府)が双方が持つ解決するべき課題に積極的に取り組んで解決しなければいかなければだめだ。

クレジットという名前に込めた思いを語らせてください。

1995年に公布された保険業法の定めに従い、保険を取り扱う会社は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社のどちらかになり、いずれの会社も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社でないと設立してはいけないきまり。おしゃるとおり「重大な違反」なのか違うのかは、金融庁が判断を下すことなのです。たいていの場合、取るに足らない違反がたぶんにあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」判断を下すわけです。まさに世紀末の西暦2000年7月、当時の大蔵省からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を移管させて1998年に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは異なる)に改組した。そして平成13年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。

あの融資が帰ってきました

消費者金融9写真認可法人預金保険機構が保険金として支払う実際の補償額は預金者1人当たり1000万円以内と定められている。同機構に対しては日本政府と日銀さらに民間金融機関全体が約3分の1ずつ保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の定めに基づいて、保険を販売する会社は生命保険会社か損害保険会社のどちらかに分類され、2つとも内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社でないと実施できないとされている。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ