じいさんが使いたかったアコムを、今ボクが使って(で)いる。

キャッシングに期待してる奴はアホ

ですから安定的というだけではなく活気にあふれたこれまでにない金融に関するシステムの誕生を現実のものとするためには、民間企業である金融機関、そして行政が両方の立場で問題を積極的に解決しなければいけません。知らないわけにはいかない、バブル(泡)経済って何?時価資産(例:不動産や株式など)の市場価格が過剰投機によって実際の経済の成長を超過してもなお継続して高騰し、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指す言葉。最終的には、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が自前でファンドを作り、適切に運営していくためには、とてつもなく数の、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が定められているわけです。

融資からいよいよ

金融17写真?【用語】バブル経済(日本では昭和61年からが有名)ってどういうこと?市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)の取引価格が過剰な投機により実体の経済成長を超過してもなお継続して高騰し、とうとう投機による下支えができなくなるまでの経済状態である。知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のこと。注意:取得から日をおかず(30日未満)に解約した場合、その手数料に罰金分も必要となるというルール。格付けによるランク付けを利用する理由(魅力)は、読むだけでも時間のかかる財務資料の全てを読むことができなくても格付けされた金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるところにある。ランキング表を使えば健全性を比較することも可能です。

ジョン・レノンとキャッシングとワタシ

麻生総理が誕生した2008年9月のことである。アメリカの格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したのだ。この出来事がその後の歴史的な世界的金融危機の引き金となったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけたのだ。覚えておこう、バブル経済(世界各国で発生している)⇒時価資産(例えば不動産や株式など)が取引される価格が過度の投機により経済成長(実際の)を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、当然の結果として投機による下支えができなくなるまでの状態を指す。必ず知っておくべきこととして、株式の内容⇒債権ではなく出資証券(有価証券)であり、発行元には出資した者に対しては出資金等の返済しなければならないという義務は負わないから注意を。合わせて、株式の換金方法は売却によるものである。

クレジットという選択

きちんと知っておきたい用語。デリバティブというのはこれまで取り扱われていた金融取引または実物商品・債権取引の相場が変動したことによる危険性をかいくぐるために作り出された金融商品の呼び名であり、とくに金融派生商品という名前を使うこともある。タンス預金の弱点⇒物価上昇(つまりインフレ)の局面では、物価が上昇した分その価値が下がることになる。いますぐ生活になくてもよいお金なら、タンス預金ではなく安全でわずかでも金利も付く商品にした方がよいだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ